ネトラセラレ 色白 好 の3話おねがい  その1

 

昨晩  小作りに励む ふたり・・  案の定  勃起することが出来ずに  途中で Hをやめてしまった二人・・

 

それ以来  なぜか自信が持てなくなって  春花との セックスで  おちん〇が 立つことがなくなったのです。

しかし  子孫繁栄の行為は  インポという レッテルを張りながらも  繰り広げられるのでした。

 

何故  勃起しないんだ・・・・

どうして  俺の  おちん〇が 立たないんだ・・

 

十分すぎる愛撫をしギンギンになった おちん〇をしゃぶる 春花は なぜだか物足りなく思っていた。

そこで 自分の自信を取り戻すかのように 秀次郎の 前戯はいまや春花が我慢できなくなるまで続けていたのだった。

 

俺の気持ちを 抑える為・・・

 

そして  愛する嫁を 喜ばせる為・・・

 

しかし 秀次郎の 行動とは裏腹に 時に 人は残酷で・・・ 行為がエスカレート

しても 俺の アレ が  いきり立つことはなかったのである。

 

男としてのプライドを何とか取り戻したい・・・

そして 妻の 嬉しそうな姿をもう一度拝みたい・・・

秀次郎の必死さはもちろん春花にも届いていた。

自分ばかり感じさせてもらうだけではなく、秀次郎にも喜んでもらいたい。

ただただ 秀次郎を喜ばすために 彼女なりに努力をし、男の下半身を喜ばす方法を調べていたのだ。

 

しかし それでも…秀次郎の 下半身が反応する事はなかった。

 

何故なら 俺には  特有の 性癖があったからなのだ・・・

button_001