おなかにいっぱい、あやかしの種 5話 ネタバレ あらすじ紹介

肉塊のあやかし
著者 佐藤沙緒理
発行 松文館

↑ ↑  ↑  ↑
おなかにいっぱいあやかしの種 大ヒット好評配信中!!

 

おなかにいっぱい、あやかしの種 5話 あらすじ紹介ネタバレ注意

 

犬上君のザーメンをを回収したあかるに、次なる試練が待っていたのです!

学校の 友達から化け物のうわさを聞いて、夜の小道に向かうあかる達!

 

その小道とは「お化け地蔵の小道」。
お地蔵さんの数えるたびに数を変えるという地蔵の並ぶ小道なのです。

 

マンガの中でも異様な空気が漂っていて 考えるだけで気味が悪いです。

 

「噂だとそこには肉の塊の化け物が出てきて 自分の体を食べさせようとするんだって」!!

 

そして、小道につくといきなりあかる達の目の前に 絶滅危惧種のあやかしが登場したのだ!
物語の流れからして 当然 あかる達は あやかしに襲われてしまうのですが・・・

その気持ちの悪い あやかしの正体は ぬっぺふほふ。
身長約2メートルくらい肉の塊その物といった風貌でカラダも肉の色 で気持ちの悪い!
ぶよぶよに太っていて、こんなの町中にいたら 絶叫しますね!! 笑 見た目は いかにもあやかしらしいですね。

 

ぬっぺふほふ とは
見た目が気持ち悪い肉の塊のあやかしで 古代中国では「封」と呼ばれている。
この封は今でも 私たちの食卓の中で由来するものが多く含まれています。
因みに ぬっぺふほふを 食べると不思議な力が手に入るのだそうです。
不気味ですので 食べたくはありませんが、、、

 

そんな肉のおばけ ぬっぺふほふのアレが、あかるの大事な部分をとらえてしまいピンチに陥ってしまいます!!
ピンチの時には チャンスあり!!、突然現れた謎の助っ人!!
果たして その正体は、一体誰なのか?

 

この後 あかるの運命はどうなってしまうのでしょう!?

おなかにいっぱいあやかしの種 第5話

内容を詳しく知りたい方は、本編で確認してください♪

おなかにいっぱいあやかしの種 無料立ち読みはこちらから
▼ ▼ ▼ ▼

▲ ▲ ▲ ▲

 

 

docomo、au、softbank公式サイト
入会・登録は月300円(消費税別)~

コミナビ